スクール便り

【札幌校】VIO講習/男性と女性どちらが難しい?

【NO SALON】Waxing School札幌校です。

この日はブラジリアン講習。
VIOのワックス脱毛を学ぶコースです。
2日に分けて行います〜。

この日のご受講生さんは自身のサロンにワックス脱毛を導入しようという事で必須科目の理論(オンライン)とブラジリアン(VIO)コースにお申し込み下さいました◎


躊躇なく施術をするご受講生さん、残毛なく良く抜けて「いい感じですね・・」と思いながら眺めております。

VIOは男性と女性の実技を半々で行いたいという方が多いです。

そしてメンズ脱毛、、このコロナ禍でなぜか需要が増大しました。
私のサロンも突然「漢祭り」が始まる日があります(笑)

メンズ脱毛のセラピスト、まだまだ希少です。

ご受講生はほぼ女性ばかりなのですが、
「男性のVIO・・・難しそう〜!!」とドキドキ。

しかし終わってみると「男性の方が施術しやすい!!」という方が多かったりします。

ワックス脱毛の難しさって毛量の多さ少なさとかではなく、「毛の流れをいかに読めるか」なのです。

女性は上から生えてる、横から生えてる・・一箇所のエリアで入り組んだ生え方をしています。
毛の流れが違うもの同士を一度にベリっと剥がそうとすると、塗布の仕方によっては剥がれなくて痛いし、施術者は焦るし、、ということが良くあります。

 

しかし男性は比較的毛の流れが一方通行。

・・・男は一方通行(なんかの諺みたいですね・・・)

VIOそれぞれのエリアがほぼ一定方向に生えているのです。
毛の流れが比較的見やすい。
同じ方向に塗ってを繰り返す、同じ方向に剥がすを繰り返す。そういう感じのパターンが多いです。
毛量に関してはスピードでカバーしなくてはですが、「どうやって塗ろう・・」みたいな考える時間が比較的少ない。

札幌校では基本メンズ講習の際の練習モデルをスクールビルのテナントの方々にお願いしております。(この日は皆様NGだったのですが)
気さくで安心、なかなか和やかなムードの中講習が開催されます。

ABOUT ME
CHIKA (Lycon Japan/EDUCATOR)
CHIKA (Lycon Japan/EDUCATOR)
当スクールは講師1人が手の届く範囲で小さくやっておりますが、業界未経験から開業された方が多数いらっしゃいます。 オーストラリアの老舗ワックスメーカー「Lycon社」によって確立されたメソッドで初心者にも安心の内容です。お気軽にお問い合せください。